メリットとデメリットを知った上でLCCのを利用しよう

- メリットとデメリットを知った上でLCCのを利用しよう

宮古島の海

メリットとデメリットを知った上でLCCのを利用しよう

LCCとは普通運賃が安い事で注目された航空会社です。
安く飛行機に乗れるなら大歓迎と利用者が増えた事により、需要が高まり国内ではLCCの新規参入も相次いでいます。
ではそんなLCCのメリットに注目が集まりがちですが、デメリットもキチンと知っておきましょう。

LCCのメリットは運賃の安さだけではない

LCCの最大のメリットは運賃の安さです。
徹底的なコスト削減を行い、企業努力によって低価格を実現しています。
ですがそれ以外のLCCのメリットを知っていますか?

まずLCCが新規参入してからそれほど年月が経過していないので、どのLCCも機材が新しいと言えます。
そのため燃費がよくて故障のリスクも少ないため、安全性という面から見てもLCCは優れています。
また燃油サーチャージの料金も大手航空会社と比べると割安設定になっています。

往復価格だけでなく、片道価格だけでも格安航空券を手に入れる事が出来るので、国内旅行をした時に滞在日数の制限を気にする必要がありません。

あまり知られていないLCCのデメリット

どうしてもLCCは価格の安さに目がいきがちですが、どのようなデメリットがあるのか知っておく事も重要です。
よく知られているLCCのデメリットとしては、機内サービスが有料だったり、座席シートが狭い事ですよね。
しかしそれは2~3時間しか乗らない国内旅行であれば、さほど大きなデメリットだとは思いません。

むしろ知られていないデメリットの方が重要だと言えます。
例えばLCCでは機体が重くなるために、余分な燃料を積んでいません。
そのためもしフライトで空港に降りる事が出来ない場合、上空待機でしばらく様子を見るという事は出来ません。

なのですぐに引き返すか、代替の近隣空港に降りてしまいます。
そのため天候によって、目的地に到着しない可能性が大手航空会社よりも高いと言えます。

さらにLCCは運行の効率化を重要視するために、ギリギリのスケジュールで運行されています。
そのため不具合などで遅れが生じてしまうと、余白がないため修正する事が出来ず多くの便に影響が出てしまいます。そして最終的に空港の利用時間を過ぎると、欠航に至るという訳です。

欠航が多いのにも関わらず、欠航は自力解決で自己負担となってしまうので、もし引き返しや欠航で目的地に行けないという場合に、生じる自己負担額は、大手航空会社の航空券を支払うよりも高くなってしまうかもしれません。

  ← 前の記事:   次の記事: