LCCの歴史と変化

- LCCの歴史と変化

宮古島の海

LCCの歴史と変化

一昔前までは、航空券の料金は非常に高く、市民が気軽に飛行機に乗る事が出来る料金ではありませんでした。
しかしながら海外の影響を受けてLCCと呼ばれる格安航空会社が国内でも参入した事により、価格競争が起こり、市民でも気軽に飛行機に乗る事が出来る格安航空券が誕生したのです。
では、その歴史について振り返ってみたいと思います。

格安航空券が誕生した理由

LCCが国内に参入したのは、せいぜいここ10年程度と最近の事です。
しかしながら海外では、もっと早い段階でLCCが参入し、普及されていました。
そして海外旅行に出かけた日本人が海外と日本の航空券の価格の違いを見て、長い間不満に思っていました。

ではなぜ日本では、LCCの参入が遅れてしまったのかというと、3つの理由が考えられます。
まず日本は島国で他国と国境が面していない立地条件の悪さ。
大手航空会社が国際線を独占し、価格設定も独占状態にあった事。

そして安かろう、悪かろうという考えが根付いてしまっている文化だった事です。
特に飛行機は安全性が重視される乗り物です。
人件費や経費などのコスト削減を行えば、整備不備やパイロットの技術不足などで安全性が損なわれるのでは?

そんな不安を持つ人も少なからず存在しました。
ですが今日では、そのような誤解は解けて、次々とLCCの新規参入が相次、価格競争が起こり以前と比べると半額以下の価格で気軽に飛行機に乗る事が出来るようになったのです。

LCCが参入した事で変わった事

LCCが参入する前は、市民にとって飛行機とは特別な乗り物でした。
国内線でも往復で5万円以上の料金がかかるため、緊急を要する時以外は時間がかかっても新幹線での移動が主流でした。
国際線だと数十万円以上の料金がかかるため、海外旅行なんてお金持ちしか出来ませんでした。

大手航空会社は独占状態で、割引プランなんて存在せず、普通運賃で販売するのが当たり前という状況です。
ですがそんな状況を一新しいたのがLCCの参入です。

LCCだと大手航空会社の半額以下で飛行機に乗る事が出来る訳です。
安全性に問題がある訳ではなく、サービスもどんどん向上しています。
そんな状態だと当然大手航空会社ではなく、LCCを利用する人が増えます。

そこで危機感を抱いた大手航空会社も、ようやく割引プランを導入し始め、価格競争が起こったのです。
その結果、以前よりも気軽に飛行機に乗る事が出来るようになり、旅行を楽しむ人が増えています。