不安を解消してLCCを利用する

- 不安を解消してLCCを利用する

宮古島の海

不安を解消してLCCを利用する

大手航空会社を利用していて、LCCを利用した事がない人は、LCCに対して不安感があるのかもしれません。
ですが旅費を抑えたいと思うのであれば、国内旅行だとLCCなら大手航空会社の航空券の半額以下の格安航空券で購入する事が可能です。ではLCCの不安を解消していきます。

LCCの安全性は大手航空会社と同レベル

まず最初に知っておいて欲しい事は、LCCは安いからトラブルが生じやすいという事はありません。
安全性で言えば、大手航空会社と同レベルの安全性を確保しています。
雪畑
発展途上国のLCCであれば、古い飛行機を再利用しているケースも見られ、古い飛行機=故障や事故が増えるという可能性は否定出来ません。
しかし国内のLCCは、新規参入の際に、新しい飛行機を購入しています。
そのためLCCが参入してから日が浅い事もあり、燃費がよくてコスパもよく安全性でも優れている新しい飛行機だけで運行しています。

ですが人件費や経費削減のため、メンテナンスは大丈夫?
そんな不安もあるかもしれません。
でも飛行機が新しい事に加えて、LCCは飛行機の種類が少ないため、整備士が知識や技術を習得するスピードが速くなります。
また整備士は大手航空会社と同じアウトソーシングを利用しているLCCもあるぐらいで大手航空会社と遜色なしと言えます。

パイロットに関しては、確かにLCCは自社養成を行っている大手航空会社より、パイロットをイチから育てるスキルはありません。
しかしながらLCCのパイロットの大半は、大手航空会社からリストラされたパイロットです。つまり大手航空会社で知識と技術を身に着けたパイロットなので、スキルにも問題はありません。

LCCは遅延や欠航が多く自己責任になるから不安

では安全性以外にもLCCで不安になるとしたら、遅延や欠航が多く、遅延や欠航になった場合に保証が何もないという事です。欠航した事で発生した宿泊費や食事代も自己負担となってしまいます。

ですが大手航空会社と比較すると、遅延や欠航が多いかもしれませんが、LCCの遅延や欠航のデータを見ると、遅延率は15~20%と確かに高いですが、欠航率は1%以下となっています。

時間に遅れる事が出来ない大事な会議や結婚式などの用事があれば、大手航空会社の方が安心だと言えます。
ですが遅延の場合は1時間程度ラウンジで待ては、運行します。
欠航率は1%以下ですから、それほど気にする数字ではないと言えるのではないでしょうか?

つまりLCCでも安全性は高く、欠航になる可能性は100回利用して1回未満という割合に過ぎません。
しかも欠航は言葉が通じない海外なら不安ですが、国内旅行なら1泊ぐらいどうとでもなります。

それなら倍額以上する航空券よりも、LCCの格安航空券を利用したいと思いませんか?

  ← 前の記事: