航空券の最安値を求めて・・LCCがなぜこんなに安いのか、その仕組みについて知ろう!

- LCCの仕組みを知ろう

宮古島の海

LCCの仕組みを知ろう

LCCとは、従来の大手航空会社と比較して低価格で航空券を販売している航空会社と認識している人は多いでしょう。比較サイトで最安値を検索すると、LCCばかりヒットするのが現状です。
ではLCCの仕組みについて紹介していきます。

LCCって何?

東北大学
LCCとは、「Low Cost Carrier」の頭文字です。
海外ではかなり以前から存在し、サービスを簡素化し、効率重視で、低価格でも利益を出せる仕組みを作る琴で普通運賃の低価格化を実現した航空会社の事です。

海外ではかなり以前から存在しましたが、日本では歴史は浅く、2012年に国内で初めてのLCCとしてピーチが参入した事がきっかけに、現在では複数のLLCの新規参入が相次いでいます。

LCCが格安航空券を提供できる理由

LCCが低価格な料金設定が出来る理由は、徹底的なコスト削減にあります。
まず運行コストを削減するために、航空機の種類を減らしています。
航空機の種類を減らす事で、整備の備品の管理やメンテナンスを効率よく行えるようになります。

またパイロットも複数の航空機を運行するには、知識やスキルが問われます。
ですが種類が少ないとパイロットの負担を軽減し、しかも乗務スケジュールを組みやすくなります。
その他、滞在時間を短縮し、空港施設料を抑えたり、運行回数を増やす事で、運行コストを下げる事が可能です。

運行コストの削減だけでなく、機内サービスの削減も行っています。
大手航空会社では、機内で受けられる無料サービスがたくさんあります。
しかしそれらはあると便利ですが、なくても支障はありません。
そのため機内サービスをほとんどなくし、必要な人は有料サービスを利用する事になります。

また機内サービスがなくなった事で、オーディオやモニターを各座席に設置する必要がなくなり、初期費用の削減につながります。
他にも機内では座席シートが少し狭く、座席数を増やしています。

そして座席数が増えるという事は、搭乗人数が多くなり、機体が重くなる事を意味しています。
そのため持ち込みの荷物を減らすため、20Kgを超える場合は追加料金が発生するようにしています。
ただ国内旅行では、荷物の量もそれほど多くはなりませんし、搭乗時間も短いので機内サービスがなくて、格安航空券の方がいいと考える人は多いため、LCCは多くの人に支持されています。

他にも人件費を削減するために、LCCはWEBサイトでしかチケットを購入する事が出来ません。
ですがスマホ所有率を見れば、WEBサイトのみの販売でも、不便はないと言えるのではないでしょうか?

LCCのチケットの購入方法

いくらのっけパン
LCCのチケットは先ほども言いましたが、航空会社のサイトから予約購入という形になります。
大手航空会社のチケットでもそうですが、購入する時期や購入するタイミングによって価格は大きく変動します。需要と供給によって価格が変動するため、閑散期は安く、繁忙期は高くなります。

また購入するタイミングは、早割によって旅行の予定が決まったら出来るだけ早く予約する方が安く購入出来る可能性は高くなります。ですが必ずしも早く購入する事が最も安いタイミングとは限りません。

LCCではとにかく空席を出したくないので、搭乗日が近づき、空席がまだあると、どんどんディスカウントしていきます。そのため直前が最も安くなる可能性もありますが、空席状態がどうなるのか分からないので、不確実な方法だと言えます。

他にもLCCでは、大量に空席が出そうになると、不定期でバーゲンセールを行う事があります。
驚くほど安くなるので、比較的有休で休みが確保出来そうな人はバーゲンセール狙いで旅行に行くのもありだと言えるでしょう。

とにかく安く購入するためには、情報収集する事が重要で、売り切れてしまえば安く購入出来ないので、お得な情報を人よりも早く収集する事が求められます。

あと基本的にLCCの多くは、キャンセル不可や予約変更不可のケースが多いので、購入前に条件をキチンと確認してから購入するようにして下さい。